Martinの新譜

1月29日発売したDMのマーティンのソロ。
インストゥルメンタル5曲入り。
The Third Chimpanzee EP
入手しようかどうしようか迷ってたら
音はYouTubeに全部アップされてて聴けたけど
う~ん、、、インダストリアルなのは気に入ったけど。

インダストリアルと云えば、Einstürzende Neubautenのブリクサの
まだ太ってない(笑)頃のインタビュー動画を見てたら
デペッシュ・モードの話題になって、People are Peopleのさわりを
ブリクサが口ずさんでるシーンがあった。
ジョニー・マーの I Feel You カバーを見たときより嬉しかった
なんのこっちゃ


Londonのロックダウン最終日

ロンドン2度目のロックダウンで、アンディのロックダウンジュークボックスが聴けたのは嬉しかったな。
今回の演奏の中で一番気に入ったのはThe Stoogesのカヴァー。
30年前RIDEの4人が知ってたのがこの曲だけだったって?(笑)
そのせいか、アンディのギターも熱い!

カッコよい曲だよね。
いろんなミュージシャンがカヴァーしてるけど、
このすぐ後にSwansのを聴いてみた。
思った通り、マイケル・ギラ節・・・



DMロックの殿堂入りおめでとう!

知らん間にDepeche Modeがロックの殿堂入りを果たしていた。
おめでと~\(^o^)/(Nine Inch Nailsも)


2021年1月29日にマーティンはソロアルバムをリリースするらしい。
’The Third Chimpanzee ’から新着″Mandrill"


Andy Bellのソロアルバム

アンディ134.jpg

Rideのギター&ヴォーカルのアンディ(元OASISのベーシスト)の
初ソロ・アルバム買いました!
今時は、YouTubeで先に聴けちゃうからCDかけてのワクワク感はない。
ディストーションギターもノイズもなし
それらはRideでやってるからってことかしら。
今回日本盤を購入したのは、2曲のボーナストラックが欲しかったから。
この2曲はやっぱ外せない
日本盤を発売日にアマゾンで注文したらすぐ届いた
アンビエントな感じの曲が多いけど
今の私の気持ちには合ってるかな。
こんな世の中だから、静かで落ち着いた雰囲気のがね。


時季外れの朝顔発芽

猛暑が続いたためなのか、朝晩が少し涼しくなった今頃
勝手に種が落ちて生えてきてた朝顔の花が開花
先祖が返りなのか、花が小さい
朝顔と蛾.JPG

そして、なんかしらんけど双葉がたくさん出て来たんだけど・・・
朝顔の芽.JPG
しかも、種がそんなところにも落ちてたのか?って場所にも
でも、大きくはなれないんだろうなぁ

Andy Bellのソロデビューアルバムがでるよ(^^♪



今日はAndyの誕生日だったんだね 彼も50かぁ~
意外にもソロ・デビューしてなかったんだ?
(エレクトロニカのプロジェクトはソロじゃなかったんか…)
サイケデリックなこの曲を聴く限り、初期RIDEな感じが
懐かしいようなくすぐったいような(*'ω'*)
The Communeて曲はマイブラみたいだったし
90年代シューゲイザーファンの琴線に触れるような作品に
なるんだろーか?愉しみじゃ

"The View From Halfway Down" 9th October,2020

太陽がなくても

キュウリ.JPG
雨続きで、ろくに日も照らないのに キュウリだけはどんどん成長する
葉っぱの陰で見落とそうものなら でっぷり太って食べれん!
この日は勿体ないけど2本捨てた
青トマト.JPG
それにひきかえ、トマトは中々赤くならなくて
雨が降ると割れちゃうんだよね 
赤トマト.JPG