アクセスカウンタ

VillageGreenTeaRoom

プロフィール

ブログ名
VillageGreenTeaRoom
ブログ紹介
VillageGreenTeaRoom街の喧騒からカクゼツされた共有緑地。
かつて、名古屋の街中から少し離れた場所に存在していたゆったりした
英国式ティールームです。音楽、アート、読書など自由にご利用できる
スペースを提供していたオーナーsatoの日々の出来事や想いを綴ります。

open in Nov.2006-close in April 2011
※現在お店はありません。
zoom RSS

アゲハ蝶の逆襲

2017/07/16 22:12
庭の様子を見に出ると、どこからともなくアゲハ蝶がやってきて

頭上をひらひら飛び回り 人間を怖がるようでもなく 近くをとんでいる

私の目の前で庭の花や葉っぱにとまったり 手を近づけても逃げないから

最近の蝶々は人間に追い回されたりしないから怖がらなくなったのかなぁ

なんて思っていた そして可愛いなぁ…なんて。

私が子供の頃 この町は夏になると蚊の夜間一斉駆除をやっていて

蝶といえばモンシロチョウで アゲハはあまりいなかった

いつの頃からか一斉駆除が無くなって 小鳥の種類がふえてきた

ウグイスがやって来たこともあった  そして蝶の種類もふえた

子供の頃図鑑で見てた青筋アゲハや黒アゲハは ふつうに飛んでいる

アゲハ蝶は柑橘系の葉っぱに卵を産みつける  ミカンとかユズとか

数の多いナミアゲハは 山椒の葉っぱを好むようだ

ひらひら飛んでは 私の目の前で葉に卵をうみつける

可哀想だが見つけた以上 捕って捨てる

しかし 小さな山椒の木の枝が ある時まる裸になっていた

見ると 枝に青虫が数匹とまだ青くなってない鳥の糞みたいな幼虫が

全部で7匹くらいいただろうか 処分した

ある日いつものように庭にでると いきなり頭上を何かがかすめていった

びっくりしたらアゲハ蝶だった 蝶は山椒の葉にとまったりしながら

2、3個卵を産み付けて去って行った その卵も処分した

その時 やっと気がついた

アゲハ蝶は自分の卵と幼虫を守るために飛んできていたんだ と

人間を怖がるとかなんとかじゃなく むこうは必死だったのだ

だから私が庭に出ると どこかで見てて飛んでくるのか?

メルヘンちっくに考えていた自分がちょっとおかしかった





記事へトラックバック / コメント


Marr様の“I feel You”

2017/07/01 09:29
DepecheModeのGlobal Spirit Tour映像がネットにあがってきてるけど
 
今んとこ「サイコー!」と思ったのは、本ツアー前のプロモ・ライヴ
画像
3月26日 英国BBC Radio 6 音楽フェスティバルでの公演

ニューアルバム発売直後のライヴとあって、観客のノリが素晴らしかった

場所はグラスゴー  ジザメリやライドも出てた 行きたかった

そんな調子で動画サイトを眺めていたら

ジョニー・マーのDMカヴァーを見つけた
画像
結構DMのカヴァーって多いけど、どれも原曲を超えられない

のだけれども・・・これはMarrバージョンのがいい!

今から24年も前の曲 I Feel You 

ギターが前面にでてるだけにマーティンのギターテクはちょっとね

マー様にかかればかっちょいいロケンロー・ナンバーに

まんまカバーだけど、元々マーの曲だったみたいに聴こえる


日本公演の頃と比べれば、マーティンのギターも進歩したけど


記事へトラックバック / コメント


蚊にも魂があるか?!

2017/06/14 16:26
蚊 の季節である

 うちはここ数年冬場でも蚊が出没する

 どこに隠れてるんだか・・・ちょっと暖かくなると“ふ〜ん”と出てくる

 動きが鈍い頃は、手でパチンと叩くこと数回で殺すことができた

 でも最近は動きが俊敏になってきたため、手が追い付かない

 それでも1日に3匹くらい叩き潰したことがあった

 すると敵もさるものである  反撃に転じてきた

 人の目と目の間に、至近距離で突然現れるのだ

 こちらはびっくりして 顔の前で手をバタバタさせるのが精一杯

 蚊はほくそ笑みながら ふ〜ん と人の手の届かない天井へ飛んでいく

 蚊取りスプレーを噴射するも しばらくすると何処からともなく現れる

 寝るときは仕方ない ぶたちゃん型電子蚊取りに頑張ってもらおう
画像

 
記事へトラックバック 0 / コメント 2


朝顔咲いた

2017/06/03 00:19
 今年は1ヵ月早い4月中に発芽させたら、もう開花した
画像

まだあんまり伸びてないのに、つぼみがつき始めたんで、大丈夫か?

と思っていたら、案の定黄色く変色して大きくならなかった

ところが、根元近くのつぼみは膨れてきて、早朝見たら咲いていた!

ここんとこ真夏並みだったからね〜

記事へトラックバック / コメント


出雲の神様パワー?(続き)

2017/05/05 08:45
 母に「ケータイで撮るしかないね」と言われたが、デジカメ本体のメモリもあるんで、大事なところだけ撮り直した。
 どうせ博物館内は撮影禁止だから、旅館に行く途中に家電量販店に寄ろうということになった。こういう時、車だと便利。
 出雲大社付近には観光客相手のお店しかないけど、9号線へ近づくにつれドラッグストアやスーパーなんかも増えてくる。私のデジカメは旧いので、メモリーカードも2Gまでしか対応できない。コンビニには2Gが置いてなかった。ドラッグストアにも売ってはいるけど、異常をきたしたメモリーカードは地元のドラッグストアで購入した物だったから、ドラッグストアは避けたかった。幸い100満ボルトがあったんで、訊いたら店員さんが親切に持ってきてくれて、2Gは1種類しかなくそれを買った。
 早速そのパナソニックのメモリーカードを入れて試し撮りしてみると、普通に撮影できた。思えば、異常をきたしたカードは、とっても安かったから買ったが、カードにメーカー名も書いてなく、メイド・イン・チャイナだろうから多少の不安がないでもなかった。
 でも、出発する前に数枚試し撮りしたし、出雲大社でも10枚以上は撮れていたはずだ。それが、出雲大社を撮り終えたところで消えてしまうとは、何かいやな感じだった。超常現象とか信じないし霊感もないけれど、場所が場所だけに神様の祟りか?と思った。出雲大社は縁結びの神様だけど…
 その日は湯の川温泉の宿に泊まった。美人の湯で名高い温泉は、すごい!浸かったとたん肌にじわ〜んと入っていく感じ。疲れは取れたし、肌はツルツルになった。温泉からあがって脱衣所で、「あれは神様の祟りだったんだわ。だってお賽銭けちったからな」と言うと、母が「1円だった?」と言ったんで、「1円じゃないよ、2つ併せて15円」とちょっと声高に言ったら、離れた場所で着替えていた他のお客さんに失笑された
 しかし、よーく考えてみると、安物の外国製メモリーカードは遅かれ早かれ壊れる運命だったんだろう。そうだとすると、早めに壊れてくれてよかった。あらかた撮ってから壊れて、取り出しもできなかったら、帰宅してから泣くに泣けない。翌日からは、旅行の本目的である古代遺跡を巡ることになっていて、山の中だからそれこそ家電量販店なんかない。
 とすると、あれは祟りではなく、神様が私の災難を最小限にしてくれたんじゃないか?と思えてきた。ありがとう大国主命。ありがとう八百万の神さまたち!お金の金額じゃないんですね?信じます。
出雲大社には確かに神様が御座します。
画像その後、メモリーカードがおかしくなることはなく、遺跡の写真をたくさん撮って帰った。壊れたカードからは結局データを取り出すことはできなかった。
←西谷墳墓群史跡公園の四隅突出型墳丘墓の上から撮った四隅突出型墳丘墓

古代出雲旅行記は別blogに書く予定
記事へトラックバック / コメント


出雲の神様パワー?

2017/05/03 15:59
 去年、越(コシ)の国を訪ねたので、今度は出雲の国へ・・・
 名古屋空港からFDAで出雲空港へGO!

今回は、加茂岩倉とか荒神谷とか四隅突出型墳丘墓とか交通の不便な所を巡るんで、レンタカーを借りた。
 古代の遺跡の出土品は、出雲大社の隣りにある古代出雲歴史博物館に展示してあるから、先ずそこへ向かう。
国道9号線バイパスと県道は、想像していたより混んでなく快適なドライヴ。30分ちょっとで出雲大社到着。
やっぱ神の国だもんね、先にご挨拶しとかんと・・・
出雲大社は2度目だけど、随分昔の事だったんで大鳥居と拝殿の大しめ縄と出雲そばしか覚えてない
今回は、大国主命の像や宇豆柱の址もちゃんと見た。
ポイント箇所では、写真が趣味そうな高価なカメラを首から下げた若い男性を選んで、スナップ写真を撮ってもらったりもした。この旅行のために、デジカメには買ったばかりのメモリーカードを入れてきたから安心…していた・・・が・・・昔来た時は見なかった神楽殿の大しめ縄↓を撮ろうと、
画像
シャッターを押そうとしたら画面に「メモリーカードに異常があります」との表示が 
 出雲大社を一通り見終わった所だったんで、とりあえず出雲そば屋で昼食をとりながら、メモリーカードを入れ直したりカメラの設定を調べたりしてみたが、ダメだったせっかく腕の良さげなお兄さんたちに撮ってもらった写真も水の泡となり、仕方なくもう一度同じ場所へ行って撮り直すことにした。しかし、近くの土産物屋にメモリーカードは売ってない
神さま 私、なんか悪いコトした〜?
後半へつづく・・・
記事へトラックバック / コメント


大口町の桜と歴史民俗資料館を見てきた

2017/04/12 16:25
画像
 今年は、大口町の五条川へ花見に行ってきた。
 花曇りって感じで、満開。片側の護岸が遊歩道になっているから、桜を下から眺めながら散策。
 バーベキューをしたり、ベンチでお弁当を食べたりしている人もたくさんいた。

 行くにあたって駐車をどうしようか調べていたら、川に接するスーパーがあったんでそこに止めることにした。
 その時、周辺にいくつか古墳が点在しているのに気づいた。小さな塚くらいの円墳みたいだけど、五条川沿いにちらばっている。それで、歴史民俗資料館にも行ってみることにした。

 花見をした後スーパーで買物してお茶してから外に出ると、雨が
これで桜も終わりだね〜と思いながら、資料館へ向かった。
駐車場を出て、道路沿いから塚の上に桜が数本見える。それが桜塚古墳というのだった。
画像
 大口町歴史民俗資料館は、健康文化センターという立派な建物の3階にある。見学無料にしては、しっかりした展示をしている。さて、入口前になぜか「松江城」の文字。松江って島根県の?なぜじゃろと説明板を見ると、あの「裁断橋」のお話で有名な堀尾金助の父・吉晴が松江城を建てたんだって
画像
 なるほど〜d('∀`)ノ ・・・で中に入るといきなり
画像
 曳き舟の等身大模型がお出迎え( ̄∇ ̄;)リアルな表情…
画像
 農村の情景を復元した一画も。紙芝居では、地元の民話が見れる(紙じゃないけど)。
 そして、大口町でも清須市の朝日遺跡の「パレス式土器」と同じ様式の土器が出土していた!
画像

 雨が降っていなかったら、古墳群も廻ってみたかった。
記事へトラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

VillageGreenTeaRoom/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる